FX分析に無料でTrading Viewを使おう 有料機能も搭載

PR

この記事のまとめ

「みんなのFX」、「LIGHT FX」では無料で超有用チャート分析ツールTrading Viewを使うことができます。

しかも一部の有料機能も使うことができます。

・一目均衡表やピボットなどのインジケータの同時表示制限の心配なし
・タブ毎の同時表示チャート数6つ ⇒ マルチタイムフレーム分析や複数通貨同時監視ができます

FXは回帰性があるため、株や仮想通貨と比べてテクニカル分析が非常に効果的です。

忙しいサラリーマン×FXテクニカル分析はベストコンビだと思います。

 
僕はテクニカル分析のみで収益プラスです。

口座開設だけで誰でも使用可能です。

環境を整えて一緒に長期で勝てるトレーダーを目指しましょう!

-無料口座開設はこちらから-

トレイダーズ証券トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券【LIGHT FX】トレイダーズ証券【LIGHT FX】

Trading Viewは世界で1500万人に使われてる分析ツール

Trading Viewは最強ツールと言われるほど強力で便利なチャート分析ツールです。

日本株、外国株、国債や仮想通貨など世界のあらゆる相場のチャート分析が可能な強力なツールです。

FXの分析ツールと言えばMT4が有名で、上級者の方がよく使われているのですが、インターフェイスが結構複雑です。

Trading Viewは見やすく整理されたインターフェイスで初心者の方にも直感的に扱いやすいです。

・MT4

・Trading View

テクニカル分析を行う分にはどちらのツールもたいがいの分析はできます。

僕はそれだったら見やすいインターフェイスを選びました。

理由は見方によって色々な仮説が立てられるテクニカル分析において、視覚情報はシンプルな方が良いと考えているからです。

 
ごちゃごちゃしてるとテンパっちゃう!

しかし、そんなTrading Viewにも困った問題があります。

Trading Viewの無料版は一部の機能しか使うことができない

Trading Viewは定額制になっており、段階的に機能制限がはずれていく仕組みです。

下記の表は簡易的な比較表です。

機能/プランBASICPROPRO+PREMIUM
月額(米$)014.9529.9559.95
年額(米$)0155299599
タブ毎のチャート数1248
同時表示インジケータ数1025
広告有無有り無し無し無し

このうち、一番致命的な項目は「同時表示インジケータ数」だと思います。

無料プランでは3個までとなっています。

僕は

・RSI
・Pivot
・一目均衡表

を表示していますが、このうちPivotは日足Pivot、週足Pivot、月足Pivotでそれぞれ1つずつ枠をとってしまいます。

そのため僕は有料プランのPROを年契約しています。

 
ほんとは短期、中期、長期の平均移動線も表示したいんだけど、プランが上がっちゃう

Trading Viewの購入額は購入の仕方やタイミングで半額程度にまで抑えられますが、それでも固定費は避けたいものです。

ただし、FXに限っては解決策があります。

「みんなのFX」、「LIGHT FX」は口座開設だけでTrading View を使える

Trading Viewの有料機能の一部も使うことができる

先に表示した一覧表の項目の中では

・タブ毎のチャート数 
  6チャートまで ※マルチタイムフレーム分析に便利ですね
・同時表示インジケータ数
  何個までいけるか明記がありませんでしたが、僕が表示したい数は問題ありませんでした。
   ・一目均衡表
   ・Pivot×3個
   ・移動平均線×3個
   ・RSI

合計8個:表示例は下記

これだけインジケータ表示できれば分析しやすいと思います。

証券会社のサービスと連動している

保有ポジションと指値がチャート表示される

僕これ使ってます。

僕みたいに分割エントリー、分割決済を繰り返すトレーダーは数字の羅列で見ていると混乱してしまうことがよくあります。

チャートは俯瞰的に捉えることが大事なので、視覚情報があるというのは非常に便利です。

 
僕はもうやらないけど、スキャルピングみたいな短期トレードではもっと有効そうですね。

チャートと発注が同じタブ内でできる

特に短期トレーダー勢に役立ちそうな機能ですね。

PCの前でスタンバってる状態でさればなおさら押し目や逆張りポイントを逃したくたいものだと思います。

マルチタイムフレーム分析を行いながらマウス操作のみで発注できる環境は貴重ではないでしょうか。

「みんなのFX」、「LIGHT FX」版Trading Viewのデメリット

「みんなのFX」、「LIGHT FX」が取り扱ってる通貨ペアのチャートしか表示できない

その証券会社が扱っている通貨ペアのみしか表示できません。

株や仮想通貨のチャートは表示できませんが、まぁFX会社のツールなので・・・

下記は「みんなのFX」、「LIGHT FX」で取り扱っている通貨ペアです。

参考:【みんなのFX 取扱い通貨ペア】

LIGHT FXも同じです。

これだけあればトレードしたい通貨がないということにはばらないかと思います。

スマホ対応はしていない

正規版Trading Veiwは異なる端末(PC、スマホ、タブレット)でも同じ設定が共有されることが魅力の1つです。

しかし、このTrading VeiwではPCからのみでしか表示できません。

但し、 Trading Veiw をスマホで使ってみると分かりますが、使うかこれ?と思うレベルです。

正直、これなら証券会社のアプリ使うかなと思えるほどです。

操作性悪いし、PCで使ってはじめて効果を発揮するツールですので気にならないと思います。

テクニカル分析の保存ができない

記事作成現在の状態ですが、PCの電源を落とすとトレンドラインや水平線が消えてしまいます。

※電源落とさずにブラウザ開きなおした場合は保存されていました。

そのため、前回の分析が活かせないということになります。

僕は基本的に毎回月足からテクニカル分析をやり直すので気になりませんが、人によっては気になるかもしれません。

 
ちなみに僕が毎回テクニカル分析をやり直すようになったのは最近です。それからはずっと収支プラスをキープできています。

チャートは日々刻々変わるので、臨機応変に対応するには過去の思い込みを捨てなければいけません。

過去の分析結果が先入観にある状態で現状分析行っても上手くいかないのは当然と言えば当然ですよね。

 
もっと早く気付くべきでした。

まとめ

FXでTrading Viewの有料機能を無料で使う方法を紹介してきました。

Trading Viewは直感的に分かりやすく、テクニカル分析に最適なチャート分析ツールです。

しかしストレスなく使おうとすると、どうしても有料登録が必要になってしまいます。

 
Trading Viewもボランティアではないので仕方ないのですが・・・。

しかし、損得を扱うトレーダーたるもの少しでも必要経費を抑えるべきです。

 
不要な経費は損切と同じだと思います。

FXに限って言えば、「みんなのFX」、「LIGHT FX」に口座開設するだけで十分なチャート分析環境を得ることができます。

今のFX口座にこだわりがない方、これからFXを始めてみようと思っている方には 「みんなのFX」、「LIGHT FX」どちらかの口座開設をオススメします。

-無料口座開設はこちらから-

トレイダーズ証券トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券【LIGHT FX】トレイダーズ証券【LIGHT FX】

※この記事の情報は2021年10月3日時点のものです。

おすすめ証券会社の最新記事8件